こんばんは。

学校に行けなくなり、

初期の段階では

学校のことを考えるだけで

体調が悪くなる子も多いです。

 

その後、気持ちも落ち着き、

再登校のことも少しずつ

考え出す頃に

 

一番大きな不安は、

やはり学校での友達のことではないでしょうか。

 

不登校の時期が長ければ長いほど、

友達と話すことも

ほとんどなくなっていると思います。

 

自分は友達にどう思われているんだろう・・

また仲良くしてもらえるのか・・

すごく繊細で、

人の気持ちに敏感な子ですから、

それがすごく不安になります。

 

その不安を少しでも軽くしてあげたいですね。

 

これは本人では、

どうしようもできないので、

担任の先生とよく話し合ってほしいです。

 

たとえば、

授業のノートや学校からのプリントを

友達が持って行ってあげる。

本人は会わないかもしれませんが

内心はうれしいものです。

 

親も友達が来た時の対応は、

明るくすごくうれしそうに(*^_^*)

 

そこで大切なことは、

友達が先生から言われて来ているのではなく、

友達が自分たちの意思で来ているということです。

 

そこを

先生ともしっかり話し合ってほしいし、

また親がお子さんに、

その友達の気持ちを

どう伝えるかということがすごく大事になります。

 

当然、他にも不安なことはありますが、

まずは、

友達に対する不安を減らしてあげたいです。

 

最初の一歩が少しでも早く

踏み出せますように・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です