こんにちは。中川です

12月1日今年も残すところ1か月ですね!

 

50歳を過ぎた頃から、

月日の流れが急に早くなったように感じます。

 

「新鮮な経験が多いほど、時間の経過は長く感じる」

というもあるそうです。

年をとると、今までのいろんな経験から

新鮮で新しいと感じる出来事が

減っているということでしょうかね(*_*)

 

さておき

 

前にも親の過干渉については書きましたが

すごく大事だと思うので。

 

親は子供のことを思って一生懸命なので、

自分では気付きにくいし、子供は意見を言えません。

 

そもそも過干渉ってどういう感じなんでしょうか

 

子供の感じていることや考えを無視して、

親の「こうあるべき」という考え方を

押しつけることですかね。

 

もっといえば子供との大事な壁を乗り越えて

子供の人生に侵入するということでしょうか。

 

だとすれば、

それは子供にとってたまったもんじゃないですよね。

 

お子さんは将来、

自分の人生を自分の考えで進むべきものなのに、

親の考えで意見され続けて育つと、

 

自分で考え、

言葉で伝え、

行動するということができなくなってしまいます。

 

感じ方や考え方なんて

みんな違います。

 

子供が間違っても失敗してもいいと思うんです。

 

家庭の中で自分の気持ちなんて、抑えることなく

のびのびと過ごしてほしいなと思います。

 

子供たちにも

自分はどうしたいのか?

ということをしっかり持って

「自立するために」

自分で考えて

一歩一歩進んでほしいと伝えたい。

 

「ああしなさい」「こうしなさい」

と、人の指示で動かなければいけないことほど

きつい事はないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です