こんばんは。中川です

今日お昼に

中学入学時から学校へは行っていない

Mちゃんに久しぶり会いに行ってきました。

 

Mちゃん宅は距離的なことで

私が担当できず

ご自宅の近くの大学生が家庭教師として行っています。

 

長崎県内全域対応なので

不登校生の指導経験が多い社会人の仲間や

学習指導においては大学生も頑張ってくれています。

 

お伺いしたMちゃんは

一昨日、すごく機嫌が悪く

「学校に行ってないから高校も、もう行けない」

と強くお母さんに詰め寄ったそうで・・

 

私に連絡をいただき今日お伺いしました。

 

Mちゃんとは

何度か会って感じたことは、

とても繊細で、声もすごく小さい。

 

いつも周りのことを気にかけ

人の気持ちを察してしまうんでしょう。

 

すごく過敏で大きな声が苦手だったり、

人の輪の中にいるだけで

すごく疲れるんだと思います。

 

不登校の原因は様々で、

いじめや友人関係だけに限らず

 

先生の大きな声を聞くだけで

動悸を起こす子もいるし

人が多い教室にいるだけで疲れ切ってしまう子もいます。

 

今、Mちゃんは

週に1回適応教室に通っていますが、

教室には学年に関係なく子供たちがいます。

 

中3生も多いということで、

中3生の子たちから

入試のことや

出席日数が足りないと高校は行けない

みたいなことを聞いて

心配と不安になったんでしょう。

 

今は学校へ行ってなくても

高校は行きたい、大学は行きたい

と思っている子がほとんどです。

 

今回もそうだと思うんですが

 

担任の先生や周りの子たちから

出席日数のことなどを聞いて、

「もう自分はだめだ」と

無気力になってしまう子は多いんです。

 

不登校で内申が低くても

行ける高校はあるし、

逆に積極的に不登校生を受け入れている高校もあります。

 

意外にもたくさんの選択肢があるので

安心してほしいと伝えていきたいですね。

 

Mちゃんにも入試の制度や

県内の高校のことなど

くわしく話したら安心してくれた様子でした。

 

Mちゃんは学校へは、

行っていませんが

学校のテストだけは受けていて

今回の期末テストは

 

中学に入り

授業は一日も受けていないにもかかわらず、

学年上位でした!

 

今は学校に行けなくても

勉強だけはしておこうと

日々コツコツやっているんですね。

 

今回英語がいまいちだったということで、

一緒に勉強して帰りましたが

 

時折見せる笑顔が

心なしかうれしそうに見えました(^_^)V

 

またいっしょに勉強しようね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です