こんばんは。中川です

今月中旬は各中学校で

学年末テストが実施されます。

 

○君の学習指導に行ってきました。

 

テスト範囲表を

もらっていたので

二人で教科ごとの範囲を

確認して授業に入りました。

 

さすがに

学年末テストなので範囲も広いです。

 

学校の授業を受けていない

○君には範囲表を見てるだけで

憂鬱だったことでしょう。

 

今まで定期テストは、

少しでも準備ができている教科を

自分で選び受けています。

 

全く準備ができていない教科は

受けたくないと思うはずです。

そこはよく分かります。

 

テスト勉強を

しなければいけないことも

できるだけ多くの教科を受けた方がいいことも

本人が一番理解しているんです。

 

なのに、私は

今回は社会も受けた方がいいんじゃない

ほら、テスト範囲も多くないし

これぐらいなら覚えられるよ。

さらにプレッシャーを

与えてしまったかもしれません。

 

少しだけ

表情も暗くなったような気がしました。

 

今学校に行けないお子さんや

授業を受けていないお子さん

 

「○○しなければ」

と思ってやることは

途中で疲れてしまうし

やる気さえなくなることもあります。

 

繰り返しになりますが

 

本人は学校に行った方がいいことも、

勉強もした方がいいことも

誰よりも分かっているので

自分なりに進もうとするんです。

 

そこに私たちや親御さんの

学校へ早く戻したい。

また勉強にしても

もっとできるんじゃない。

という焦る気持ちが

前に進もうとする気持ちを止めてしまいます。

 

今回私も普通にやる気が見えたので、

ついもう少し進めたいと思いました。

 

やらせようとするのではなく

やりたいと思わなければダメなんです。

 

何とかするのは本人なんです。

自分で考え自分で道は開くものですよね。

 

いつも授業が終わったら、

将棋して遊んで帰るんですが

そんな日に

大人げなく将棋に勝ってしまい

すごく重い空気になってしまいました。

 

まだまだ未熟な先生ですが

今週もまたいっしょに楽しくやろうね(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です