こんにちは。中川です

昨日は不登校で

学校に通えない○君の中学校の先生が

わざわざ花丘教室に来られました。

 

少しでも担当する生徒の状況を

知りたいとの思いからなのだと思います。

 

学校へは通えなくとも

この教室での学習内容や様子を聞かれて

少しは安心されたのではないでしょうか。

 

毎年この時期からは

中3生においては進路についての

ご相談も多くいただきます。

 

今年3月に卒業した生徒たちは、

中学校ではいろんな理由で

学校に行けなかった日が

多かった生徒たちも

まだ3カ月ではありますが

ほとんどの子が

元気に高校へ通っています。

 

先週も卒業生の○ちゃんから

期末テスト中だけど

世界史がわかりませ~んと電話をもらいました。

すごくうれしいものです(^_^)

 

卒業生のことは

ほんと気になって、

新学期のスタート時や

GW明けなどは親御さんにお電話して

どうですか?

とお聞きする次第です。

 

今年卒業した子供たちの進路は

公立の普通高・公立工業定時制高校

各私立高校・各通信高校へと進みました。

 

不登校の子供達を

多く受け入れていらっしゃる

私立高校があって

人間関係を築く授業であったり

社会生活の充実についての

授業などもおこなっています。

うちからも毎年1~2人の生徒たちが入学しています。

 

先々週だったか

その高校での学校説明会があり、

お預かりしている生徒の

各ご家庭からも行かれました。

 

親御さん本人ともに

すごく良かったです。

というお声を聞きました。

 

反面、別のご家庭からは、

親から見て少し違った・・

子供にも合わないような気がした

ともお聞きしました。

 

そうなんです。

感じることは一人ひとり違うんです。

 

いつもお子さんといっしょにいる

親御さんから見てどうなのか?

そして本人がここに行きたいと思えるのか?

というのがすごく大切なんです。

 

私も今までの経験から

各高校の入試情報や

今までに通った子供たちの

感想などをお伝えすることはできますが、

最終的には本人の気持ちがすべてなんです

 

そのためにこれから

オープンスクールが始まりますので

いろんなところを

できれば本人が見て

自分が進みたいと思える進路を

見つけてほしいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です