こんにちは。中川です

感染拡大が収まらず大変な状況が続いています。

長崎市、佐世保市でも

小中学校での休校や学級閉鎖、

また自主休校している生徒たちも

たくさんいるようです。

 

子供たちに

気になる給食の時間のことを聞いてみると

黙食といって全員前を向いて

話さずに食べてるそうですね。

 

子供たちもそれを守っているそうです。

そうかと思えば

昨日は学校関係者が、

大人数会食で700人以上が処分されたなんていう

残念なニュースを見ました。

 

まずは大人が

子供たちの模範となるべきです。

 

子供は普段接している

大人の行動や言葉使いに似てきますよね。

 

あいさつひとつにしても

おはよう・ありがとう・ごめんなさいなど

きちんと伝えていきたい。

 

また大人が他人のことを

批判することはせず、

ほめたり、尊重する環境にいれば

子供たちも思いやりの心が育つのだと思います。

 

私自身、

日々子供たちと接していますので、

完璧じゃなくても、

出来ることから少しずつ

模範になれるように過ごしたいです。

 

最後に大事なのは

子供にこうなってほしいという願いは、

まず親自身がその姿を見せてあげると

いうことなんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です