こんにちは。中川です

この3連休で冬休みも終わります。

花丘教室の冬期講習も月曜日が最終日となります。

 

休み明けには実力テスト、

来週からは私立高校入試・共通テストです。

生徒本人はもちろんですが、

保護者の方もドキドキのはず。そして私もドキドキです。

 

生徒たちに対してのアドバイスは、

やることはやり切った

という自分を信じて前に進んでほしい。

 

・・・

 

2学期から

学校へ行けなくなった○君のことを少しだけ。

 

冬休みは私の自宅に週に2日、

そして冬期講習に週に2日と

休むことなく週に4日間通い続けてくれました。

 

講習には東長崎地区から花丘までなので、

親御さんの送り迎えができない日は

バスとJRを乗り換えて通ってきました。

 

他の中学校の生徒たちが

たくさんいる中での参加です。

 

学校に行けなくなったのは、

クラスメイトによる嫌がらせです。

それがなければ普通に行けるんです。

 

だから、いじめに対して

先生や学校が本気の対応をやるかどうかなんです。

 

それができなければ

加害生徒は学校にいるわけなので、

どれだけ時間をおいても解決はしません。

 

いじめを訴えても、

先生にいじめと認めてもらえないケースすらあります。

 

いじめが起きにくいクラスって、

いじめは絶対に許さない!という

先生の強い決意があるように感じます。

 

「不登校でのお悩みやご相談は」

家庭教師のコーチャーHPお問い合わせメールより

またはお気軽にお電話ください

095-865-6295中川まで

 

♯長崎市不登校支援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です