こんにちは。中川です

昨日は私が見ている

中2女の子が京都に修学旅行に行ってきました

と、お土産を持ってきてくれました。

 

修学旅行の楽しい時間に、

塾のことまで気を遣ってくれてありがとう(^_^)

 

家庭教師として訪問している中2の○君は

10カ月くらい学校へ行っていません。

 

来月は修学旅行があり、みんなと一緒に行きたいとのこと。

 

本人は修学旅行だけ行くというのは気まずいからと、

別室登校という形で少しずつ学校に通い始めました。

 

そして昨日は不登校以降初めて、

教室での授業を受けることができました。

私の方が緊張してしまいましたが無事教室に入れたようです。

 

クラスのみんなも受け入れてくれたようで、

楽しかったそうです。よかったね

 

 

今日はゲームのことを少しだけ・・

 

親御さんからの相談で多いのがゲームのことです。

時間を決めたりなど・・

約束事はどこのご家庭でもあると思います。

 

ここで大事だと思うのは

親が一方的に決めた約束を守らせようとするのではなく、

お子さん自身に考えさせることです。

自分で考え、決めた約束であれば反発もしないと思います。

 

不登校の子供たちの中には

学校に居場所がなく、

オンラインゲームが居場所になっていることがあります。

 

子供たちにとっては、ゲーム好きな友達と一緒に楽しみ、

話もできるチャットを通じてコミュニケーションをとる。

 

そうしているうちに

エネルギーが溜まってきて元気になってくる。

そしてゲームをする時間も少しずつ短くなり、

学校へ戻っていくというケースもあります。

 

子供がなぜそのゲームがしたいのか?

を、お子さんにしっかり話してもらい

親は受け入れて理解をする。

そこを出発点にして話し合っていけたらいいですね。

 

家庭教師のコーチャーは

不登校対応を専門とした学習支援や進路指導を

おこなっている1対1個別指導塾です。

お気軽にご相談ください。

095-865-6295中川まで ♯長崎市不登校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です