こんにちは。中川です

12月24日

みなさん楽しいクリスマスをお過ごしください!

 

今日は私の思う見守るということについて

少し話してみようと思います。

 

突然学校に行けなくなってしまう。

どうしていいか分からずに、

いろんな情報を見ていると

見守るという言葉が多く出てきます。

 

ずっと見守るだけでいいの?と不安になりますよね。

 

お子さんはいろんな原因により、

心が折れすごく落ち込んでいる時・・・

 

私たち大人も同じです。

そっとしておいてほしいですよね。

 

今は一人でゆっくり休む時間と考えて

そっと見守ることが大切だと思います。

無言のアクションでそばにいてあげてほしいです。

 

そしてある程度の時間が経ち

お子さんは少し元気になってくると

自ら感情を伝えたくなりますので、

今の気持ちを、ただ聴いてあげてほしいです。

 

親や周りが子供の気持ちや話しを聴き

共感するほど、心を開いてくれて

より親子の信頼関係につながると思います。

見守るというのはこの期間のことだと思っています。

 

 

笑顔や元気が戻り始めたら

本人には、これからどうしていきたいかを

しっかりと考えて一歩を踏み出すために

いろんなことをやってみてほしいです。

親御さんも後押しをしながらサポートされたらと思います。

 

お子さんが好きなことしかやらない状況を続けることは

それは見守るではなく、放置となってしまいます。

 

家庭教師のコーチャー「なかがわ先生」は、

不登校対応を専門とした学習支援や進路指導を

1対1でおこなっております。お気軽にご相談ください。

095-865-6295中川まで

 

♯長崎市不登校 ♯長崎市不登校支援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です