こんにちは。中川です

この仕事をしていて

思うことを少し書いてみようと思います。

 

学校へ行けない子供たち、

家からまったく出ないひきこもりの子供や大人の人と

長年関わっていますが

未だに、人の心を知るというのは難しいと感じます。

難しいというより分からないというのが本音です。

 

カウンセラーの方の中には不登校の経験があるので

子供たちの気持ちが分かるという方もいらっるかもしれませんが、

人はそれぞれ育った環境も

何を思い、何を感じるかも違います。

 

目の前の子のことを深く知ろうとすれば

分からないことがたくさんあります。

 

大切なことは、

知りたいという気持ちだと思っています。

 

この気持ちが子供たちに伝わると、

この人は自分のことを分かろうとしてくれていると感じます。

 

そこから少しずつ信頼関係ができるのだと思います。

 

 

不登校にはいろんな理由が混じり合って、

本当の理由は本人にも分からないことがあります。

自分にも分らないから不安だし、つらいのです。

 

お子さんは何も考えていないように見えても、

このままではよくないことは分かっているし、

これからどうなるのだろうと毎日考えています。

 

今は暗いトンネルの中にいるように思えて、

親御さんも不安でいっぱいだと思いますが、

きっと出口が見えます。

 

そういうお子さんの今の気持ちを

すべて受け入れることが大切なのでしょうね。

 

 

 

※長崎市不登校の子供たちのサックス教室について

お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。

095-865-6295中川まで

info@k-coacher.com

 

家庭教師のコーチャー「なかがわ先生」は、

不登校対応を専門とした学習支援や進路指導を

1対1でおこなっております。お気軽にご相談ください。

♯長崎市不登校

#長崎市不登校の子供たちのサックス教室