こんばんは。

長い休校が終わりました。

お子さんは元気に学校に通われていますか?

 

これだけ長期間休みが続いた後の登校は

相当なエネルギーが必要です。

 

子供から学校に行きたくないと

言えば分かりますが

ほとんどの子はその一言が言えません。

 

お子さんの辛い気持ちを

少しでも早く知っていただきたいです。

 

我慢して、我慢して

心や身体にいろんな症状が出てきます。

休み中のお子さんの様子と

学校が始まってからの様子が

違う場合は、

学校に何かしらの原因があると思います。

 

そして、

お子さんが学校に行きたくない

と言った時は、

すでに限界だということを分かってほしいです。

 

最初は親御さんも突然のことで

びっくりして、

無理に行かせようとすることが多いです。

 

限界になっている子に

無理に行かせることは逆効果です。

大切な親子の信頼関係まで

崩れてしまうことさえあります。

 

心が限界の状態なのに

命懸けで行かなければいけない所なんてないですよね。

お子さんは今そういう状態なのかもしれません。

 

突然のことで、

どうしたらいいのか

わからないという親御さんもいらっしゃいます。

 

最初の段階での対応としては、

お子さんははっきとした理由を

言わないかもしれませんが、

お子さんの一番の味方として

話をゆっくりと聞いてあげることです。

 

お子さんの気持ちが分からず、

そんなことは気にしなくていいよ・・

他の子もみんな同じだよ・・

なんて言わないでください。

 

気にしなくて済むなら、

今の状況になってはいません。

 

それは、

お子さんの気持ちを

無視した対応になってしまいます。

 

学校へ通うことだけがすべてではありません。

今はゆっくりと休ませてあげてほしいです。

 

少し休んで元気がでたら

けろっとしてまた学校に向かう子もいます。

 

落ち着いたら、

これからのことをお子さんと一緒に

考えていければいいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です