こんばんは。

今日はお問い合わせをいただいた

高校生のお宅に体験指導に行ってきました。

 

4月に進学校に入学をした高1の○君です。

入学後コロナの影響で休校が続き、

その後、学校に行けない状況が続いているそうです。

 

行きたい気持ちはあるが、

すぐに行けるような状況ではないとのことで、

学習だけは進めておきたいという

親御さんのお気持ちだと思います。

 

体験を担当する山下先生と共に

ご家庭を訪問しましたが、

残念ながら直前になり、

本人が体験授業は受けたくないとのことで、

あいさつだけになりました。

 

よくあることです。

急に不安になったのではないでしょうか。

また、会えることを楽しみにしています。

 

この時期、長い休みのあと

学校へ行けなくなってしまった

生徒たちがたくさんいます。

 

本人は学校というレールから

外れてしまっている自分を責めています。

それを見ている親も

そのレールへ必死で引き戻そうと苦しみます。

 

今は、本人も親も

先がまったく見えない中で

余裕を持つことはできないと思います。

 

これから先、

辛い気持ちが続くかもしれません。

ただ、自分の道は自分で切り開くしかないんですよね。

 

親御さんも

今はつらい状況だと思いますが

心配や不安ではなく

お子さんを笑顔で信じてあげてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です