こんにちは。

今日は高校1年T君のことを少し話そうと思います。

 

T君は中学校では

ほとんど学校の授業は受けていません。

 

前にも話しましたが

高校入試の半年前から花丘教室に来てくれて、

私といっしょに受験勉強をがんばりました。

そして、

無事公立高校に合格をしました。

 

私もほんとにうれしくて、

中学校で苦労した分

高校では思い切り楽しんでほしいと思っていました。

 

それから、入学後約5カ月が経ち

途中コロナの影響で休校であったり、

今は夏休みではありますが、

それ以外の日も

1学期はほとんど通学する事ができませんでした。

 

行きたいという気持ちは

あっても身体がついていきません。

 

一番苦しいのは誰よりも本人です。

 

そういう状況の中で、

この夏休みに

また教室に来てくれていて、

夏休みの課題をいっしょにやっています。

 

2学期からは通学ができるように、

少しでも不安材料を消すために、

宿題を全部終わらせる。

1学期の遅れを取り戻しておきたい

という気持ちだと思います。

 

高校生の場合は、

小学校や中学校の不登校と違って

やはり単位を取らなければ

進級や卒業ができないということです。

 

行けないなら少しゆっくり休めばいいよ・・

とは、なかなかいえないのも現実です。

 

本人はそういったことも考えた上で、

この夏休みに、

不安や恐れを抱いている自分と

闘っているのではないでしょうか。

 

現在お子さんの不登校について

お悩みの親御さんで、内申書や出席日数など

また出席扱いの制度など

何でもお気軽にご相談いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です