おはようございます。

日曜日、朝からブログを書いています。

午後から中学生のオンライン家庭教師の

お試し授業の予定が入っていますが、

自宅でやるので、ゆっくりしていますw

 

先日お子さんが起立性調節障害で悩む

お母さんからお問い合わせをいただいたので

少し書いてみようと思います。

 

中学生のお子さんが

起立性調節障害になってしまい

通院をしながら、

学校へは午後から

短時間登校で通学しています。

 

このまま学校へ行かせるべきか

それとも別の方向を考えるべきなのか

親御さんの不安は計り知れないです。

 

この起立性調節障害というのは、

起立時にめまいや動機などが起きる

自律神経の病気です。

精神的ストレスが原因となることが多いようです。

 

日常の生活改善など・・

対処法は検索するとたくさん出ますが、

ただ、それを行うことで

元気に学校に行けるようになれるのか

というと疑問が残ります。

 

一人ひとり精神的ストレスの原因は違いますので、

一概には言えませんが

もし学校に原因があるのであれば

無理をして戻そうとすることは

逆効果になってしまいます。

今はゆっくり休む時期なのかもしれませんね。

 

そして原因は一つじゃないこともあります。

家族の問題でそうなってしまうこともあります。

たとえば、

親の価値観の押しつけや過保護・過干渉から

繊細過ぎる気持ちや

精神的に強くない状況に

なってしまったことが原因で

学校でストレスを

抱えてしまうように

なってしまうこともあります。

 

もしそういうことが

原因であるのなら、

親の行動や対応が変わることで

お子さんが変わることができたり、

改善に向かうケースもあるようです。

 

一日でも早く

元気に学校へ戻れることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です