こんにちは。中川です

11月ですね!今日はあいにくの雨模様です。

 

一昨日は大村市のS君宅におじゃましました。

 

S君は中学時代不登校に悩みました。

高校入試の結果は

私立高校には合格しましたが、

志望校である公立高校には不合格となり

私立高校へ行くかどうかも悩みました。

 

私と高校について二人で話したのを

今でもよく覚えています。

 

いろんな思いがあったと思いますが、

私立高校へ進学を決めました。

 

そして先日2年半ぶりに、

お母さんからお電話をいただきました。

 

S君は高校では

見違えるように元気になり、

友達もでき

充実した高校生活を

過ごしているとのことでした。

 

そして今は、

大学の志望校受験に向け

頑張っているようで、

推薦も取れそうとのことでした。

 

来年からは大学生なんだと思うと、

ほっとした気持ちと

うれしい気持ちでいっぱいです。

 

昨日はS君ではなく、

弟の中2A君の家庭教師のご依頼で

お伺いしたのですが、

帰りにS君があいさつに来てくれました。

 

当時は不登校となり、

ほんとにつらい思いをしました。

 

久しぶりに会って思ったのは

たくさん悩んだ末に、

再び動き出した子どもたちは、

不登校となる前よりも

イキイキとしているように見えます。

 

不登校の時はどこか無理をして

生きているんですね。

 

今現在、

不登校に悩んでいる子供たちへは

今までの自分から一度離れて、

自分らしい生き方を

見つめなおす時期なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です