こんにちは。中川です

不登校に悩む子供たちと親御さんにとって、

学校に行けないことで

高校受験は大丈夫なのか、

内申書や出席日数についても

気になるところではないでしょうか。

 

昨日は学校・教育委員会と

私たち民間施設での

連携協議会に出席してきました。

 

年に数回定期的な意見交換を行っています。

 

学校・教育委員会と

私たちフリースクール等民間施設が

協力して不登校の子供たちを

応援していこうということです。

 

私たちが行っている学習や活動において、

学校側が子供たちの努力を評価して、

要件を満たす場合は

出席扱いとしたり、

取り組んだプリントやテキストを

学習評価の材料にしたりすることができます。

 

フリースクールや民間施設といっても

たくさんあり、よくわからないという方は

お気軽にご相談ください。

 

長崎市においては、

不登校対応の施設間での繋がりがありますので、

お子さんの状況や希望に合った施設を

ご紹介させていただきます。

 

今はまだ勉強どころではない

というお子さんもいらっしゃると思いますが、

少し落ち着いたら一歩を踏み出すきっかけとして

また子供たちの居場所として

使っていただければうれしいです。

 

不登校の出席扱いについては

お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です