こんにちは。中川です

気持ちのいい日曜日の朝に

ブログを書くことが多くなりました。

 

 

最近中3女の子で

4~5ヶ月学校の授業が受けられない状況から

家庭教師を始められたご家庭があります。

 

不登校が原因でなかなか学習が進まず

子供が不安なようですと連絡をいただきました。

 

不登校で悩む子供たちは、

性格的に劣等感や感受性を強く持つことが多く

相手の顔色を伺ったり、

他人に自分の意見が言えなかったり

また些細なことでも言われたことが気になる等

ストレスを感じることが多いです。

 

お母さんからも

授業の時に分からない問題があっても

こんな簡単な問題も解らないの?

って思われそうで

言えないようですとも言われてました。

 

家庭教師の訪問当日は

先生が来ることへのプレッシャーに加え、

出された宿題もできてない状況であれば不安は募ります。

 

不登校の学習で大事なことは、

勉強に遅れているとは思わないことです。

 

同級生と比べて遅れていると思いがちですが

今の遅れは大きな問題ではありません。

 

それともう一つ、

勉強を始めようと思ったときは、

まず分かるところから始めることです。

 

焦りから今の学校の授業に合わせる子もいますが

基礎からしっかりと固めなければ、

必ず壁に当たります。

中3であっても中1中2の基礎から固めることが、

逆に近道になると思います。

 

基礎がしっかりできれば、いくらでも挽回できますよ。

 

「不登校でのお悩みやお問い合わせは」

家庭教師のコーチャーHPお問い合わせメールより

またはお気軽にお電話ください

095-865-6295中川まで

 

♯長崎市不登校支援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です