こんにちは。中川です

今年も残り少なくなりました。

受験生にとってはラストスパートの時期に入りましたね。

ここが踏ん張りどころです。

 

学校の教室へ入れない子供たちも

ほぼ志望校は決まっていると思いますが

まだ、志望校の変更は間に合います。

 

子供たちが高校を選ぶ際に、

情報が少ない中で考えてしまうと、

想像でしか考えられません。

 

たとえば

公立高校は出席日数が足りないから無理だろう。

全日制は厳しいのではないか。

など想像だけでは、

お子さんが前向きになれないこともあります。

 

不確かな情報ではなく、

学校へ直接連絡して詳しい情報を集めることです。

 

私が担当している○君は

2年間学校の授業を受けていませんが、

私立の特進クラスを第一希望にしています。

 

本人の希望は応援したいと思ってます。

ただ、今まで教室に入ることができず、

朝も起きれない日も多かった中で

心機一転やり直したいという気持ちはよく分かりますが、

後悔をしてほしくないのです。

 

私としては、

他にも選択肢を増やしてあげたくて、

不登校から高校進学して「ここは良かったよ」

と声をいただくことが多い高校へ電話をして、

個別の学校説明会の日程等確認しました。

本日なんですが、行ってくれてると思います。

 

その高校を本人がどう思うかは分かりませんが、

もしかしたら

その高校が合う学校かもしれないのに、

まったく知らなかったでは、もったいないと思うのです。

 

最後に

高校へ通うのはその子本人です。

受験生である本人が

行きたい高校に決めるということですね。

 

「不登校でのお悩みやご相談は」

家庭教師のコーチャーHPお問い合わせメールより

またはお気軽にお電話ください

095-865-6295中川まで

 

♯長崎市不登校支援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です