こんにちは。中川です

今年も残り少なくなり

慌ただしくなってきましたね。

 

このブログは不定期ではありますが

不登校の子供たちと一緒に過ごしながら

思ったことを気ままに綴っています。

 

学校は行っても、行かなくてもいいのか?

 

親御さんたちの気持ちを考えると

無理に学校へは行かなくていいんです。

とは、なかなか言えないです。

 

前提は、学校には行った方がいいんです。

 

ただ、子供たちにとって

辛くどうしようもないのなら

無理に行かなくていいと伝えてあげたい。

 

今、うちに来ている○君は

学校や友達は大好きだけど、

たった一人の生徒のことで行くことができません。

 

理不尽な命令をされたり、

ちょっかいを出されることが

暴力がなくても、

その子にとっては

不安と恐怖でしかないのです。

 

いじめとは、

一方が一方に

心身の苦痛を与える行為のことです。

 

○君の場合は学校側や先生は

いじめという認識がないのかもしれません。

 

学校へ行けなくなって約1ヶ月間

その子や親への明確な対応もなく

何の進展もありません。

そして時間ばかりが過ぎていきます。

 

親として

何かあってから後悔はしたくないし

子供が不安や恐怖を抱く場所へ

行かせるわけにはいかないのだと思います。

 

これから○君・親御さんが

次の一歩に進めることを心から祈っています。

 

コーチャーでは

いじめで傷ついた子供たちの

心や学習サポートをおこなっています。

 

いじめは早期発見が大切です。

もし少しでも気になるようでしたら

お気軽にご相談ください。

 

 

「不登校でのお悩みやご相談は」

家庭教師のコーチャーHPお問い合わせメールより

またはお気軽にお電話ください

095-865-6295中川まで

 

♯長崎市不登校支援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です