こんにちは。

今月から学校へ行けなくなった○君

このブログから

お問い合わせをいただき

今週から家庭教師としてご自宅へ訪問しています。

 

学校に行けなくなった初期の段階では

親御さんたちもすごく不安な時だと思います。

 

そういう中で

学校の対応に不満があるという

お母さんからのご相談もたくさん受けます。

 

一部ではありますがこんな声がありました。

学校に無理に来させようとする。

テストは必ず受けてもらわないと困ると言われた。

休む連絡は必ず毎日入れる。

これからの事など打ち合わせに来てください。

など

 

不登校において、

学校と保護者の意思の疎通はすごく大切です。

一方的にこうしてくださいではなく、

本人以上に苦しんでいるお母さんに

寄り添う気持ちが大事だと思います。

 

そのためにも親御さんたちには、

遠慮なく本音の気持ちを先生方に伝えてほしいです。

 

学校と保護者との関係が悪く、

学校への状況の報告などを

私が間に入り、行うことも少なくありません。

 

これから先、

子供が学校へ戻るときには

先生のサポートが必要なので、

学校の先生・本人・保護者の関係が悪いと

不登校が長期化してしまいます。

 

私が思うのは、

学校の都合ではなく一人ひとりの

生徒の状況に応じた対応が必要だと思っています。

 

 

家庭教師のコーチャーは

不登校対応を専門とした学習支援や進路指導を

おこなっている1対1個別指導塾です。

 

お気軽にご相談ください。

095-865-6295中川まで

♯長崎市不登校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です