こんにちは。中川です

ゴールデンウイーク明けから

学校へ行けなくなったというご相談を数件いただいています。

 

本人から学校へ行かないと口にする時は

すでに限界を超えてしまっていることがあります。

今は心も体も休ませなければいけない時なのかもしれませんね。

 

ここで休むことを親が否定してしまうと、

子供も親を否定してしまいます。

 

親御さんの焦る気持ちは分かりますが、

お子さんの気持ちに寄り添ってあげてほしいと思います。

 

突然のことでどうしていいのか分からないという方も

多いと思いますので、

お気軽にご相談いただければと思います。

095-865-6295 中川まで

 

ご自宅に家庭教師として伺っている中2の○君

半年ほど学校へ行けておらず、

3~4カ月前から一緒に学習を進めています。

 

不登校により学校の授業を受けていない場合

一番の問題は一人で勉強するにも

さっぱりわからないということです。

少しずつ勉強をやろうという気持ちはありますが、

手がつけられない状況です。

 

まずは中1の分かるところから戻って、

一つずつ抜けている基礎を固めています。

 

今は問題の解き方を教えること以上に、

自分で勉強ができるようにしてあげることと

それを習慣化できるようにしていきたいと思っています。

 

いっしょにがんばろうね!

 

家庭教師のコーチャーは

不登校対応を専門とした学習支援や進路指導を

おこなっている1対1個別指導塾です。

お気軽にご相談ください。

095-865-6295中川まで ♯長崎市不登校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です