こんにちは。中川です

夏休みも終わりに近づき、

新学期を前に気持ちがざわつく子供たちがいます。

 

私が家庭教師でおじゃましている生徒は

不登校から夏休みを機に部活に行けるようになりました。

ただ、先日その生徒は、

学校に入るだけで不安になると言っていました。

 

学校という場所は合わない子供たちにとっては、

そこにいるだけで緊張が続き、

ストレスから疲れきってしまう場所でもあります。

 

私たち大人でも不安なことが続くと体調は崩れます。

 

腹痛や動機など身体に症状が出てきた時は、

今はゆっくり休んだ方がいいという

身体からのメッセージなのでしっかり受け取ることが大切です。

 

これを無視して頑張り続けると

限界を超え、取り返しがつかなくなることもあります。

 

これから新学期を迎えるにあたり、

子供たちの心身の不調を意識しなければいけない時期です。

 

まず子供の変化に気づくことが大切です。

ただ子供は親に心配をかけたくないので、

自分から教えてくれることはほとんどありません。

 

もし、学校へ行きたくないと言い出したら、

無理に行かせようとはしないでください。

 

話してくれてありがとうと・・

一緒に考えていこうと、

何があっても味方であることを伝えてほしいです。

 

子供たちには、

疲れた時は立ち止っても大丈夫!

ということを伝えたいですね。

 

 

家庭教師のコーチャーは

不登校対応を専門とした学習支援や進路指導を

おこなっている1対1個別指導塾です。

お気軽にご相談ください。

095-865-6295中川まで ♯長崎市不登校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です